☆☆ 『シンシア』の事が掲載された2005年4月の新聞記事 ☆☆
★★ 2005年 4月 2日 毎日新聞・大阪版・朝刊 ★★

阪神タイガース展:木村さん夫妻も、シンシアと見学 /大阪

 大阪歴史博物館(中央区)で開かれている特別展「ファンと歩んだ70年 阪神タイガース展」(毎日新聞社など主催)に宝塚市のコンピュータープログラマー、木村佳友さん(44)と妻美智子さん(42)が、介助犬シンシアとともに訪れた。
 「もの心ついたころからのタイガースファン」という木村さん。小学生のころに西宮市の阪神甲子園球場によく足を運んだという。そのころは、江夏豊選手や田淵幸一選手が活躍していたといい、当時の両選手のユニホームに見入っていた。また、会場の展示についても「車いすの人にも見やすい高さでした」と話した。
 同展は5月9日まで。火曜日休館(5月3日は開館、5月6日は休館)。一般1000円、高大生670円、中学生以下無料。問い合わせはハローダイヤル(06・4860・8600)。【服部陽】

★★ 2005年 4月 2日 毎日新聞・阪神版・朝刊 ★★

阪神タイガース展:木村さん夫妻も、シンシアと見学 /大阪

 大阪歴史博物館(中央区)で開かれている特別展「ファンと歩んだ70年 阪神タイガース展」(毎日新聞社など主催)に宝塚市のコンピュータープログラマー、木村佳友さん(44)と妻美智子さん(42)が、介助犬シンシアとともに訪れた。
 「もの心ついたころからのタイガースファン」という木村さん。小学生のころに西宮市の阪神甲子園球場によく足を運んだという。そのころは、江夏豊選手や田淵幸一選手が活躍していたといい、当時の両選手のユニホームに見入っていた。また、会場の展示についても「車いすの人にも見やすい高さでした」と話した。
 同展は5月9日まで。火曜日休館(5月3日は開館、5月6日は休館)。一般1000円、高大生670円、中学生以下無料。問い合わせはハローダイヤル(06・4860・8600)。【服部陽】

★★ 2005年 4月21日 毎日新聞・阪神版・朝刊 ★★

補助犬:支援続ける不動産会社、新社屋でシンシア紹介−−宝塚 /兵庫

 補助犬の支援活動を続けている「ウィル不動産販売」(宝塚市逆瀬川1の14、岡本俊人社長)の新社屋(地上3階、延べ約1000平方メートル)が20日、取引先など関係者に披露された。介助犬シンシアを紹介するコーナーも設けられ、同社員や訪れた関係者らはシンシアと暮らす宝塚市の木村佳友さん(44)との交流を楽しんだ。
 コーナーでは毎日放送のドラマ「シンシア〜介助犬誕生ものがたり」のビデオも流された。木村さんは、シンシアとの日々の暮らしを説明しながら、「身体障害者補助犬法が出来ましたが、まだ知らない人も多い。理解を広げてほしい」などと話していた。
 同社は毎年、社員や取引先から補助犬支援のための寄付金を募るなどの活動を展開。新社屋も、入り口をスロープにするなどバリアフリーに配慮した。

写真:木村さん(左端)からシンシアについて話を聞くウィル不動産販売の関係者たち


このウィンドウを閉じる