☆☆ 『シンシア』の事が掲載された2005年5月の新聞記事 ☆☆
★★ 2005年 5月13日 毎日新聞・大阪本紙・夕刊 ★★

補助犬:同伴拒否、半数が経験 法施行1年半、浸透まだ−−救済機関求める声

 身体障害者補助犬法の完全施行後、使用者の約5割が、受け入れを義務付けた民間施設で同伴を拒否された経験を持つことが、使用者団体によるアンケートの中間集計で分かった。同法が浸透していない実態を浮き彫りにしており、同団体は13日午後、衆参両議員有志73人でつくる「身体障害者補助犬法を推進する議員の会」との意見交換会で報告。今年10月の同法見直しに向け、実効力を伴った法改正などを働きかける。【服部陽】
 調査は、「身体障害者補助犬法改正対策使用者団体連絡協議会」(補改使連)が、盲導犬、介助犬、聴導犬の使用者団体を通じて実施。完全施行された03年10月〜今年3月末を対象にし、10日までに29人から回答を得た。
 同法は完全施行により、補助犬の受け入れを義務付ける施設を「不特定かつ多数の者が利用する施設」(民間施設)に拡大。中間集計では、こうした施設での同伴拒否を29人のうち15人(51・7%)が経験した。種類別では、レストランなどの「飲食店」では利用した29人のうち12人(41・4%)、ホテルなどの「宿泊施設」では24人中4人(16・7%)が拒否された。一方、スーパーなど「小売店」では29人のうち拒否は1人(3・4%)にとどまり、対応が食い違った。
 一方、同伴拒否への対策として、回答があった28人のうち26人(92・9%)が苦情の申し立てができる救済機関が必要と答え、13人(46・4%)が罰則規定が必要とした。
 補改使連副会長で、介助犬シンシアと暮らす木村佳友さん(44)=兵庫県宝塚市=は「現行法では受け入れが努力規定にすぎない職場や住宅も、義務化されるよう働きかけたい」と話している。


このウィンドウを閉じる