☆☆ 『シンシア・エルモ』の事が掲載された2012年3月の新聞記事 ☆☆
★★ 2012年03月05日 毎日新聞・朝刊・愛媛版 ★★

介助犬:「シンシア」訓練の木村さん、介助犬との生活語る−−松山 /愛媛

 手足が不自由な人の日常生活を助ける介助犬について、普及に努めてきた木村佳友さん(51)=兵庫県宝塚市=と、日本介助犬協会の高柳友子事務局長の講演会が4日、松山市山越町の県男女共同参画センターであり、医療関係者ら約40人が聞き入った。
 実働している介助犬は全国で59頭。四国では徳島に1頭いるが、県内にはいない。09年に愛知県長久手市に専門訓練施設「介助犬総合訓練センター」が開設。年間10頭前後を養成している。
 介助犬は24時間付き添って、障害のある人がこれまで家族やヘルパーに頼んでいた「落としたものを拾う」「ドアの開閉」「冷蔵庫から水を持ってくる」「ベッドから起き上がりの補助」などができる。高柳事務局長は「家に閉じこもりがちになる身体障害者が一人で出歩けるようになるなど効果がある」と訴えた。
 27歳のとき、交通事故で手足に障害を負った木村さんは自宅で飼っていた「シンシア」(06年死亡)を介助犬に訓練して、ともに生活。レストランやスーパーなどに入れない実情を訴えて、介助犬の受け入れを義務づける身体障害者補助犬法の成立に尽力した。
 木村さんは介助犬との信頼関係を築くまでの苦労や、便の後始末の方法などを説明し、「医療関係者から障害者に介助犬の情報を知らせてほしい」と講演。続いて、同行した介助犬「エルモ」に落ちている電話や硬貨を拾わせるデモンストレーションをした。【栗田亨】

★★ 2012年03月13日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

介助犬シンシア:「シンシアは優しさの象徴」 宝塚で七回忌法要、中川市長ら出席 /兵庫

 身体障害者補助犬法成立で大きな役割を果たした介助犬シンシアの七回忌法要が11日、宝塚市御殿山4の宝塚動物霊園で営まれた。中川智子市長も出席し、「シンシアが一緒に闘ってくれたので補助犬法ができた。東日本の大地震も起き、共に生きる社会のあり方が問われている今こそ、シンシアを優しさの象徴として大事にしたい」とあいさつした。
 シンシアは訓練を受けてペットから介助犬になり、車椅子生活を送る同市のコンピュータープログラマー、木村佳友さん(51)を支えた。木村さんたちの啓発活動はシンシア・キャンペーンとして大きな反響を呼び、02年に補助犬法が成立。公共施設などで補助犬の同伴が拒否できなくなった。シンシアは05年12月に介助犬エルモにバトンタッチしてペットに戻り、06年3月14日に亡くなった。
 法要は補助犬慰霊碑の前で営まれ、木村さんは「シンシアは天国で介助犬訓練センター開設などの動きを見守ってくれたと思う」と話し、「今年で補助犬法ができて10年になるが課題も多い」とあいさつ。読経が行われ、参加者が次々に焼香した。【香取泰行】


このウィンドウを閉じる