☆☆ 『シンシア・エルモ』の事が掲載された2012年10月の新聞記事 ☆☆
★★ 2012年10月01日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

補助犬:仕事、理解を 法施行からきょう10年、西宮で啓発イベント--厚労省 /兵庫

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)を知ってもらおうと、厚生労働省は30日、イベント「身体障害者補助犬法ってなんだろう?」を西宮市甲子園八番町の大型商業施設「ららぽーと甲子園」で開いた。厚労省が補助犬の啓発行事を関西で開催するのは初めて。1日で施行から10年を迎える同法を説明したほか、補助犬の仕事のデモンストレーションもあり、買い物客らがバリアフリーへの理解を深めていた。
 企画・運営したNPO法人「日本介助犬アカデミー」が、不特定多数の人が利用する施設に補助犬受け入れを義務付けた同法について「障害者が自由に施設を利用できるようにする法律です」と意義を説明。デモンストレーションでは、盲導犬が障害物を避けて視覚障害者を誘導する様子や、聴導犬がアラームが鳴ったことを聴覚障害者に伝える動作を実演した。
 補助犬使用者へのインタビューもあり、介助犬エルモと暮らす宝塚市のコンピュータープログラマー、木村佳友さん(52)は「介助犬は心の支えで、愛情を込めて育てています。介助犬にできないこともあり、困っているのを見かけたら助けてほしい」と呼び掛けた。
西宮市の飲食店従業員、水口和子さん(32)は長女心葉(ここは)ちゃん(6)と見学し、「勉強になりました。娘には、体の不自由な方に優しい心を持ち、お手伝いができるようになってほしい」と話した。【高瀬浩平】

★★ 2012年10月08日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

介助犬:使用者ら集い交流 宝塚の木村さん、歴史講演--東京 /兵庫

 手足が不自由な人を助ける介助犬の使用者同士の交流を深めようと、日本介助犬協会は7日、東京都新宿区の京王プラザホテルで「使用者の集い」を開いた。全国各地から使用者や同協会職員ら約45人と介助犬12頭が参加。宝塚市で介助犬エルモと暮らすコンピュータープログラマーの木村佳友さん(52)が介助犬の歴史について講演した。
 木村さんは、02年に身体障害者補助犬法ができる前について「レストランでは同伴拒否、電車に乗る時も交渉した」と振り返った。現状について「法律の認知度が下がったとの調査もあり、学校で補助犬を学ぶ機会を作ってほしい」と訴えた。また、使用者4人が上海万博や中部国際空港で開かれたイベントや啓発活動について紹介した。【高瀬浩平】

★★ 2012年10月17日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

補助犬:「シンシア」に出会って 宝塚市職員・大西さん、広報誌に特集 啓発活動を紹介、障害者に希望を /兵庫

 宝塚市の広報誌「広報たからづか」10月号で身体障害者補助犬の特集が掲載された。取材と執筆を担当したのは入庁1年目の大西喜子さん(22)。今月で施行から10年を迎えた身体障害者補助犬法も紹介しており、大西さんは「補助犬は障害がある人の希望になる。今後も情報発信したい」と笑顔で話す。
 大西さんは小野市出身。小学校の教師で養護学校にも勤務した母恵美さん(54)から福祉や人権について教わった。大学2年の時、自宅にあった「介助犬シンシア」(毎日新聞社)を読み、宝塚市のコンピュータープログラマー、木村佳友さん(52)がシンシアと電車に乗るだけでも苦労したことを知った。就職活動では「シンシアのまち」として福祉に力を入れている宝塚市を志望し、採用された。
 広報課の先輩の勧めもあり、補助犬特集の担当に選ばれた。5月に愛知県長久手市の介助犬訓練施設「シンシアの丘」を取材。介助犬との合同訓練を終えた女性に心の変化を聞くと「就職や、免許を取って頑張ろうという気になれた」と答えてくれた。その言葉が心に残り、特集の書き出しは「君がいたから、諦めていたことに もう一度チャレンジしてみようという気になった」とつづった。
 8月下旬から取材を本格的させ、木村さんと介助犬エルモの1日を表にし、啓発を続ける「宝塚補助犬支援の会」の活動も紹介した。大西さんは「シンシアがいなかったら宝塚市に来ていなかった。これからも補助犬に関わりたい」と話している。【高瀬浩平】

★★ 2012年10月23日 毎日新聞・大阪本社・朝刊 ★★

特集:補助犬法施行10年 社会参加がゴール

 不特定多数の人が利用する施設などへの補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の受け入れを義務付けた身体障害者補助犬法の施行から今月で10年を迎えた。障害がない人と同じように当たり前に暮らしたいという障害者の願いが結実した法律だが、今なお店舗などでの同伴拒否は相次ぎ、社会のバリアーは無くならない。一方で、補助犬との出会いをきっかけに働き始めた使用者もおり、障害者の社会参加を目指す取り組みは続いている。【高瀬浩平】

◇介助犬と働く鈴木佑里さん「ありがとう」増えた
 介助犬ジンタ(雄、4歳)と暮らす栃木県の鈴木佑里さん(26)は今年9月から、母校の国際医療福祉大学大田原キャンパス(同県大田原市)で職員として働く。今月中旬にあった学園祭では学生と協力し、介助犬の育成費用を集めるため、はがきや入浴剤を販売した。ジンタは学生や教員から「ジンちゃん」と声をかけられ、すっかりキャンパスの人気者だ。補助犬と使用者のペアの周りには笑顔があふれている。
 鈴木さんには手足の筋力が次第に弱くなる四肢体幹機能障害がある。同大学で社会福祉士の資格を取り、卒業後に就職した。しかし、つえから車椅子の利用に変わると、仕事の負担が重くなり退職。09年に福祉機器の展示会で育成団体の日本介助犬協会(横浜市港北区)を知った。愛知県長久手市の介助犬総合訓練施設「シンシアの丘」でジンタと出会い、訓練を経て10年3月に介助犬の認定を受けた。
 鈴木さんは脱水状態になりやすく、夜は自宅でジンタに冷蔵庫から水を運んでもらう。ジンタが来てから家族を呼ぶ気兼ねがなくなったという。ジンタとの暮らしにも慣れ、今年になって大学の恩師で医療福祉・マネジメント学科長の小林雅彦教授らに「働きたい」と相談。大学側も受け入れた。医療や福祉を学ぶ大学だけに障害者への理解があり、車椅子利用者が移動しやすい施設環境も後押しした。
 現在はボランティアセンターで週3日勤務し、学生とボランティア受け入れ先との調整やブログでの情報発信の仕事をこなす。ジンタは職場ではおとなしく伏せ、鈴木さんがペンやメモ帳を落とすと拾ってくれる。「同僚の仕事をストップさせずにすむので遠慮がいらないんです」
学生の教育面でのプラス効果も期待する大学側は、受け入れを積極的に進めた。センター近くに駐車スペースを作り、障害者用トイレの出入りをしやすくするため洗面所の通路部分を広げた。鈴木さんが使いやすい文具は備品として認めている。
 小林教授は「大がかりな対策はしていないが、職場環境を考えるきっかけになり、他の職員も働きやすくなった」と捉える。
 学園祭ではがき販売に協力した同科3年の時田亜矢加さん(20)は「将来は障害者施設で働きたい。ジンタのおかげで仕事中の補助犬に触れてはいけないというルールを自然に学べた」と目を輝かせる。
 鈴木さんは「ジンタと暮らすようになって『すみません』という言葉が『ありがとう』に変わった。外に出る意欲がわいた」と、楽しみながら職場に通っている。
 日本介助犬協会の水上言(こと)訓練部長は「介助犬を持つことが目的ではない。使用者が夢や希望を持ち、仕事やボランティア活動などで社会参加することこそゴール」と考えている。

◇無くならぬ同伴拒否 不安解消へ国がマニュアル
 身体障害者補助犬法の施行から10年がたった現在も補助犬の同伴拒否は無くならない。日本介助犬使用者の会による調査では、09年4月から10年9月に使用者10人が計25件の同伴拒否を受けた。飲食店15件、病院4件、宿泊施設3件の順に多く、5件は法律を説明しても受け入れなかった。日本盲導犬協会にも同伴拒否の情報が毎月寄せられている。
 中でも医療現場での同伴拒否は、使用者の健康への影響が大きく深刻な問題だが、医療従事者の間では衛生面や安全面での不安が根強いという。
 実態を把握するため神戸大大学院の三浦靖史准教授(リハビリテーション医学)らが11年8月に兵庫、福岡県内の計325病院を対象にアンケートを実施した(回収率57・8%)。補助犬の来院に対する不安として、他の来院者の反応・苦情を挙げた病院が兵庫県52・2%、福岡県73・3%に達した。一方で実際に他の来院者とトラブルになったケースはゼロだった。
 これらの研究成果を踏まえて、厚生労働省は今年度中に医療機関向けの受け入れマニュアルを作る予定。人工透析中に補助犬の同伴を認めている病院などの事例を集め、補助犬使用者や育成事業者、医師らの意見を聞き、簡潔で使いやすいマニュアルにする方針だ。
補助犬法の周知度の低下も指摘され、啓発が課題だ。関西福祉科学大の松中久美子講師(福祉心理学)と東京農工大大学院の甲田菜穂子准教授(共生福祉論)の調査では、同法について「名称も内容も知らない」と答えた人の割合が04年11月の55・3%から11年11月は64・0%に増えた。松中講師は「学校や職場での周知が必要」とする。
 社会参加を進める上で、使用者が働きやすい環境の整備も急務だ。来年4月、障害者の法定雇用率が、民間企業の場合は現行の1・8%から2・0%に上がる。それに合わせて職場への補助犬受け入れが義務付けられる事業所は現行の従業員56人以上から50人以上に広がる。障害者の雇用環境は厳しく、補助犬使用者からは、受け入れ企業に行政が補助金を出すよう求める声も出ている。

◇法律の認知度アップを 首相に使用者3人「補助犬の日」提案
 補助犬法成立からちょうど10年の今年5月22日、補助犬使用者3人が首相官邸で野田佳彦首相に面会し、補助犬の普及や啓発への協力を求めた。その3人に法に寄せる思いや社会への期待を聞いた。
 現在は介助犬エルモと暮らす兵庫県宝塚市の木村佳友さん(52)は法律ができる前、飲食店で介助犬シンシアの同伴を拒否され、電車に乗る時も交渉した経験がある。木村さんは当時を「障害者の社会参加を支えるはずの介助犬がバリアーの原因になった」と振り返る。今後については「法律の認知度が下がっており、教科書などを通じて学ぶ機会を増やしてほしい」と訴える。
 盲導犬ヤードと暮らす広島市安佐北区の清水和行さん(51)は補助犬法について「障害の種類を超えて、仲間が手を携えてできた法律。国会で国民の代表が補助犬と生活することを認めたことで、精神的に楽になった」と振り返り、成立日の5月22日を「補助犬の日」にして啓発に役立てるよう提案する。
 聴導犬ブランカと暮らす東京都練馬区の松本江理さん(43)は「聴覚障害は外見では分からず、雑種が多い聴導犬はペットと間違われやすい」と言う。店員に説明を求められても答えるのが難しい人もおり、「今の社会では壁が大きく、聴導犬が増えない。説明しなくても受け入れてほしい」と願う。

==============

◆身体障害者補助犬法10年までの経過◆
1957年    国産盲導犬第1号が誕生
  78年    道路交通法の改正で盲導犬が盛り込まれる
80〜90年代 国内で介助犬と聴導犬の育成が始まる
  96年 7月 シンシアが介助犬となる
  98年 9月 毎日新聞が地域面で「介助犬シンシア」の連載を開始
  99年 7月 介助犬を推進する議員の会(現身体障害者補助犬を推進する議員の会)結成
  01年12月 議員立法「身体障害者補助犬法案」を国会提出
  02年 5月 補助犬法が参院本会議で全会一致で可決、成立
     10月 補助犬法施行
  05年 1月 身体障害者補助犬法改正対策使用者団体連絡協議会(補改使連)設立
  06年11月 補改使連が衆参議長に法改正求め約10万筆の署名提出
  07年11月 補助犬法改正が参院本会議で全会一致で可決、成立
  09年 5月 国内初の介助犬総合訓練施設「シンシアの丘」開所
  12年 5月 補助犬法成立10年。補助犬と使用者3組が東京スカイツリー開業式に参加、首相官邸を訪問
  12年10月 補助犬法施行10年

==============


■ことば

◇身体障害者補助犬法
 超党派の議員立法で02年5月に成立、同年10月から順次施行された。身体障害者の自立と社会参加の促進を目的に、公共施設や公共交通機関、飲食店や商業施設など不特定多数の人が利用する施設に補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の受け入れを義務付けた。訓練事業者や補助犬使用者にも公衆衛生上の危害を生じさせないよう努力義務を課した。罰則規定は無い。07年11月の法改正で、都道府県などは苦情や相談の窓口を設置し、一定規模以上の民間企業は身体障害者が補助犬を同伴して働くことを拒否できなくなった。厚生労働省によると、10月1日現在の実働頭数は、盲導犬1043、介助犬62、聴導犬42。

★★ 2012年10月24日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

補助犬学会:「シンシア」の縁、宝塚で27、28日に 「次の10年」がテーマ /兵庫

◇シンポ/市長講演/当事者研究発表
 身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)について専門家らが最新の研究成果を発表する「第5回日本身体障害者補助犬学会」が27、28両日、宝塚市栄町2の「ソリオホール」で開かれる。「身体障害者補助犬法:次の10年に向けての提言」がテーマ。西日本では初開催で、今月で施行から10年を迎えた同法ができるきっかけになった介助犬シンシアにちなみ、同市を開催地とした。
 同学会は05年に設立した補助犬に関する唯一の学術団体。医療や福祉の専門家に加え、補助犬使用者や育成団体、獣医師など多彩なメンバーで構成する。
 27日は市民公開講座として、介助犬エルモと暮らす宝塚市の木村佳友さん(52)や、三浦靖史・神戸大大学院准教授らによるシンポジウムと、補助犬のデモンストレーションがある。
 28日は学術大会として、補助犬の受け入れ状況や補助犬を使用することによる効果などの発表、法制定にかかわった同市の中川智子市長による講演がある。東京都練馬区で聴導犬ブランカと暮らす松本江理さん(43)が当事者として初めて研究発表する。
 27日は午後1時半〜3時半で、参加無料。28日は午前10時〜午後4時で、一般5000円(障害者は1000円引き)、学生3000円。
 問い合わせは学会事務局(03・3468・1733)。【高瀬浩平】

★★ 2012年10月28日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

日本身体障害者補助犬学会:教育と市民議論が大切、シンポで呼びかけ--宝塚 /兵庫

◇市内でも入店拒否、法律の周知度不足
 身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)について専門家らが最新の研究成果を発表する「日本身体障害者補助犬学会」が27日、宝塚市栄町2の「ソリオホール」で始まった。この日は、一般向けの「市民公開講座」としてシンポジウムがあり、「補助犬や福祉について教育が大切」「多くの市民による議論が必要」との提言を出し合った。補助犬のデモンストレーションもあり、約250人が理解を深めた。学会は28日まで。【高瀬浩平】
 シンポジウムには、02年の身体障害者補助犬法成立に衆院議員としてかかわった宝塚市の中川智子市長▽同市で介助犬エルモと暮らす木村佳友さん▽補助犬の研究に取り組む神戸大大学院の三浦靖史准教授(リハビリテーション医学)--ら7人が登壇した。
 同法について、中川市長は「法律の内容を行政の職員もよく知らず、市内でも入店拒否がある。人にやさしい街をつくるため、多くの市民の議論が必要」と呼び掛けた。
 木村さんは「法律を知らない人が増えるのは不安。レストランで店員が入れ替わり、入店を止められることもある」と周知の大切さを訴えた。
 三浦准教授は、厚生労働省が今年度中に医療機関向けのマニュアルを作ることに触れ、「病院のどの部屋まで補助犬を入れるか、マニュアルがあると受け入れやすい。医療機関での取り組みが、他の施設にも広がれば」と期待を寄せた。
 学会の開会前には、宝塚市と、介助犬総合訓練センター「シンシアの丘」がある愛知県長久手市が協力・友好関係を深める覚書を結んだ。

★★ 2012年10月29日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

日本身体障害者補助犬学会:「退院後の生活基盤重要」 身障者のリハビリ、澤村氏が講演--宝塚 /兵庫

 日本身体障害者補助犬学会の学術大会が28日、宝塚市栄町2のソリオホールであった。県立総合リハビリテーションセンターの澤村誠志名誉院長が「インクルーシブ社会を目指して」と題して講演した。医療や福祉の専門家、補助犬の育成団体や使用者らが、飲食店や病院での受け入れ状況や、リハビリに介助犬を導入した事例など研究成果を発表した。
 澤村名誉院長は、身体障害者のリハビリについて「リハビリは病院や施設では完成せず、退院した後の人生を考えるべきだ。住宅を改装し、介助犬を含めた福祉用具を適切に使い、生活の基盤を作ることが重要」と指摘した。障害者の社会参加については「住宅と仕事がくっつかないと社会参加はできない。ハンディを持った人の雇用は厳しく、社会的企業が必要だ。障害者、シングルマザー、ニートの人たちが働ける所を作るべきだ」と訴えた。
 研究発表では、02年に成立・施行した「身体障害者補助犬法」について「使用者のアクセス権を国が初めて保障したものだが、国が関与しないと目的は達成されない」との解説もあった。【高瀬浩平】



このウィンドウを閉じる