☆☆ 第25回障害者週間記念事業 &
       第18回身体障害者補助犬シンポジウムの要旨 ☆☆



★★ 2016年12月30日 毎日新聞・大阪本紙・朝刊 ★★

ともに・2020バリアーゼロ社会へ:「なくそう心の段差」第18回補助犬シンポジウム 広がれ、やさしい社会

 「なくそう心の段差」をテーマに「第25回障害者週間記念事業・第18回身体障害者補助犬シンポジウム」が11日、兵庫県宝塚市の複合商業施設「アピア1」一帯であった。毎日新聞社や市、障害者団体などで作る実行委員会が主催し、約500人が参加した。補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬の3種)使用者らによる「補助犬トーク」や、2004年アテネパラリンピック女子円盤投げ銀メダリストの講演があり、障害者の自立や社会参加について認識を深めた。【釣田祐喜、高尾具成、石川勝義、山本愛、大笹久光、写真はいずれも大西岳彦撮影】

◆補助犬、もっと認知を アテネパラリンピック銀メダリスト・佐藤京子さん
 アテネパラリンピックの円盤投げ(脳性まひ1、車いす1)で11メートル09を記録し、銀メダルを獲得した介助犬使用者の佐藤京子さん(50)が、介助犬ニコルとともに登壇。日本補助犬情報センターの橋爪智子事務局長との対談形式で講演した。
 高校時代、バスケットボールのプレー中に転倒して脊髄(せきずい)を損傷。身体が不自由になった。その後も職場で転倒などし、車椅子生活になった。15年2月に介助犬の認定審査に合格したニコルと暮らすようになった。
 もともと人との会話は得意ではなかったが、それを打ち破ってくれたのがニコルだった。
 「目的がなくても出かけるし、他人と話すのも苦にならなくなった」。ニコルの登場で積極的に外出するようになった。「車椅子生活になってからの車での移動距離はそれまでの10年間で3万キロほどだったのが、今では先月だけでも1カ月で1000キロ以上になりました」
 補助犬の認知度は十分ではなく「できるだけ、いろんな場所にニコルを連れて出かけたい」と望む。「興味を持ってもらわないと人々の理解は深まらない。補助犬の姿を見かけても当たり前のように思える社会が理想です」

◆冷蔵庫から飲み物 介助犬の働き紹介
 会場近くの「ふれあい広場」では、補助犬の仕事を紹介するデモンストレーションがあった。日本ライトハウス盲導犬訓練所(大阪府千早赤阪村)、日本聴導犬推進協会(埼玉県ふじみ野市)、兵庫介助犬協会(兵庫県西宮市)の3団体が、3種類の補助犬の働きについて説明した。
 このうち介助犬の実演では、利用者が車椅子から落ちて助けを呼ぶ必要がある時に携帯電話を探し出したり、冷蔵庫のドアを開けて飲み物を取り出したりする様子を披露した。また、落とした鍵や硬貨などを介助犬が拾う際、勝手に動き出して使用者の車椅子と接触するなどしないよう、「テーク(取れ)」の指示を待ってから、物を取る訓練をしていることなどが紹介された。

◆24人が乗馬挑戦 特別支援・中3生
 宝塚市は、特別支援教育を受ける中学3年生を対象に、自立に向けて積極性を持ってもらえるよう、遠隔地を訪ねてさまざまな体験をする事業を行っている。今年は鳥取県の大山高原を訪ねた。宝塚市内の24人が参加し、3泊4日で乗馬に挑戦した。
 今回は、市立宝塚第一中学3年の4人が感想や成果を発表。乗馬やダンス、宿泊所での食事など、活動の様子を撮ったビデオ映像も上映された。川口潤さん(14)は「最初は嫌だったが、慣れてきたら、ゆさゆさと揺れて気持ちが良かった」と語った。潤さんの母圭子さん(51)は「この体験で『自分にもできるんだ』という自信が持てたと思う。このような機会をいただいて感謝している」と話した。

◆感謝の気持ち、音楽で 車椅子のピアニスト・池田佳ず実さん
 兵庫県尼崎市在住の車椅子のピアニスト、池田佳ず実さん(39)のピアノ演奏もあった。
 池田さんは24歳の時、運動機能が損なわれる小脳性失調症と診断された。手足は思うように動かないが、リハビリと演奏活動を続ける。この日は、サンタクロースにちなんだ真っ赤な衣装で登場。クラシックや童謡など10曲を演奏した。「三百六十五歩のマーチ」を演奏した時、観客は手拍子をしながらメロディーを口ずさんだ。演奏の合間に、スキューバダイビングを体験したことを明かし、「できないことも増えたけど、海で自由に泳ぐ魚たちを見て励まされた」と語りかけた。
 終了後、池田さんは「今まで多くの方々に助けてもらったことへの感謝の気持ちが聴く人に伝わればうれしい」と話していた。

◆ハンドベル演奏、会場を盛り上げ
 会場のうち「ふれあい広場」では、障害者団体による歌や演奏の披露もあった。宝塚市の精神障害者向け作業所「ワーク友愛」から、利用者でつくる音楽サークル「花音」が参加。ギター演奏とともに「サボテンの花」や「見上げてごらん夜の星を」など4曲を歌った。
 障害がある子どもと保護者によるグループ「ポップンリンガーズ」(宝塚市)は、ハンドベルを鳴らし、「おめでとうクリスマス」などを演奏した。

==============

◆今なお続く同伴拒否
 アピアホールでは、介助犬デイジーと暮らす木村佳友さん(56)=宝塚市▽盲導犬エレナと暮らす中山君江さん(66)=同市▽聴導犬レオンと暮らす安藤美紀さん(47)=東大阪市▽日本補助犬情報センターの橋爪智子事務局長−−が補助犬を取り巻く課題について語った。(司会は脇田顕辞・毎日新聞大阪本社経済部副部長)

◇今年4月に熊本地震が起きた。安藤さんは災害時に聴覚障害者はサイレンの音が聞こえないなど、課題をイラスト入りの冊子でまとめた。

安藤さん 隣家で火災が起きた時、気づかずにそのまま寝ていたが、息子が起こしてくれて逃げることができた。煙が家の中に充満し、近所の人は「まだ家に人がいたのか」と驚いていた。耳が不自由なことを伝えると「あなたが聞こえない、ということを知らなかった」と言われた。焼け死んでいた可能性もある。この体験から冊子を作った。アニメーション動画も作り、ユーチューブに3月末に投稿した。
 熊本地震が起き、動画を2週間で5万人ほどの方が視聴し、メールも来た。「耳の聞こえない人が、どう困っているのか分かった。災害時には声をかけたい」などとあった。

中山さん 1995年の阪神大震災の時、外に出ると、道路にはガラスや鏡のかけらなど、犬が足を傷つけるものがいっぱい。漏れたガスのにおいもしたが、嗅覚を頼りに行動する犬にはよくない。「これでは外出できない」と思った。

木村さん 阪神大震災で電気、ガス、水道が止まった。家のリフトが動かず、外出できなかった。排尿時にカテーテルを使うが水を使えなくて洗浄できず、ぼうこう炎になった。今は障害者がどこに住んでいるか、リストがある。私も笛を渡されていて、吹いて居場所を知らせると、自治会の人が捜してくれることになっている。

橋爪さん 阪神大震災では避難所で盲導犬同伴を断られたケースがあった。今も、法律で避難所に同伴できることは知られていない。補助犬使用者も、災害時に地域住民に支援してもらえるよう地域の避難訓練に参加するべきだ。日ごろから地域住民に存在を知らせることが大切だと思う。

◇補助犬法施行から14年たつが同伴拒否はなくならない。補助犬や補助犬法の認知度はまだ不十分だ。

木村さん 関西福祉科学大の調査では、補助犬法について「知らない」と答えた人は04年の55%から11年には64%に増えた。日本補助犬情報センターの調査でも、同伴拒否を経験した人は05年に59%だったが、15年に66%に増えている。

安藤さん 聴導犬と暮らして8年になるが、聴導犬の認知度は低い。飲食店も3店のうち2店は断られる。耳が不自由で相手の言うことが分からず、店に入れずにあきらめることが多い。聴覚障害者に聴導犬を簡単には勧められない。補助犬の認知度が上がり、安心して歩けるまちになれば勧めたい。

中山さん 私は視覚障害者に盲導犬を勧めたい。一緒に暮らせば、4、5歳の子がいるように、癒やされる。阪神タイガースが負けた時もエレナがいると気にならない。盲導犬と暮らしてみてほしい。

木村さん ある日、介助犬とJRの宝塚駅に新幹線の切符を買いに行った。すごく対応がよかったのでJRの職員に聞くと、小学生の時に僕の講演を聞き、「介助犬が来たらきちんと対応しよう」と思ってくれていたという。子どもの時に学ぶことが大切だ。宝塚では、授業の副読本に中山さんの盲導犬と僕の介助犬のことが紹介されている。全国の小学校で教材に取り入れてもらうなど、子どもたちに障害者や補助犬を学ぶ機会を作ってほしいですね。

==============

◆主催者あいさつ
〇田坪直・実行委員長
 今年4月に障害者差別解消法が施行された。宝塚市でも年明けに関連条例が施行されるが、皆さんの協力なしに障害者が地域で生きるのは難しい。(車椅子に乗っていると)「お手伝いしましょうか」と声をかけられることがある。そんな輪が広がってほしい。

〇井上輝俊・宝塚市副市長
 相模原市の障害者施設で痛ましい殺傷事件があった。「許せない」と憤るだけでなく、私たちにできることを一人一人が取り組むことが大切。市は障害者差別解消条例などを制定。今後個々の施策に取り組みたい。

〇伊地知克介・毎日新聞阪神支局長
 介助犬シンシアがこの世を去って10年。シンシアががんばり、補助犬の運動が大きくなった。その場所、宝塚でシンポを続けてきたことを大事にしたい。

==============

◆大会宣言
 昨年のテーマは「感謝」「ありがとう」だった。今年は、悲しい(相模原市の障害者殺傷)事件があった。障害が重かろうが軽かろうが障害者やその家族は一生懸命生きている。それを他人の手で奪うことは許されない。障害は不自由ではあっても決して不幸ではない。勝手に決めないでほしい。障害者は地域の中で一生懸命暮らしている。障害者は人のぬくもりを知っている。障害者が住みやすい社会は、みなさんにとっても健常者にとっても住みやすい社会。
 エレナと一緒に歩くおかげで大勢の人が声をかけてくれるようになった。エレナの両目に頼っている。今年もやっぱり「ありがとう」。エレナ、ありがとう。これからもよろしくお願いします。<盲導犬使用者・中山君江>

==============
■ことば
身体障害者補助犬法
 身体障害者の社会参加促進を目的に、公共施設や交通機関、飲食店、商業施設など、不特定多数の人が利用する施設に補助犬の受け入れを義務づけた。超党派の議員立法で2002年5月に成立、同年10月から順次施行された。07年に改正、都道府県などに苦情や相談の窓口が設けられた。一定規模以上の民間企業は身体障害者が希望した場合、補助犬の同伴勤務を拒否できなくなった。今年4月施行の障害者差別解消法でも各省庁のガイドラインで同伴拒否などを差別的取り扱いとして対応を求めている。