☆☆ 第26回障害者週間記念事業 &
       第19回身体障害者補助犬シンポジウムの要旨 ☆☆



★★ 2017年12月13日 毎日新聞・大阪本紙・朝刊 ★★

ともに・2020 「なくそう心の段差」第19回補助犬シンポジウム 暮らしやすい社会へ

 「なくそう心の段差」を合言葉に「第26回障害者週間記念事業・第19回身体障害者補助犬シンポジウム」が11月26日、兵庫県宝塚市の複合商業施設「アピア1」一帯で開かれた。毎日新聞社や宝塚市、障害者団体などでつくる実行委員会が主催。全盲の落語家、桂福点さん(49)が視覚障害者の駅ホームからの転落事故防止を訴える創作落語「落ちない噺(はなし)」を披露し、補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の使用者がバリアフリーに向けた課題を「補助犬トーク」で語り合った。約500人が訪れ、誰もが暮らしやすい社会づくりについて一緒に考えた。【高尾具成、田辺佑介、石川勝義、山本愛、写真はいずれも大西岳彦撮影】

◇障害者の立場で伝える 全盲の落語家・桂福点さん
 桂福点さんが「落ちない噺(はなし)」を完成させる過程を連載記事にした毎日新聞中部報道センターの花岡洋二副部長とのトークショーでは、福点さんがさまざまな場所を訪れ転落事故を取材したことが紹介された。
 「落ちない噺」は大阪府柏原市の近鉄河内国分駅で昨年10月、全盲の近藤恒久さん(当時40歳)がホームから転落した事故をきっかけに作られた。近藤さんは盲学校の後輩。福点さんの寄席にも来ていた。「よく知った人が鉄道で亡くなったというのがショックで。近藤君の姿を残し、鉄道事故をなくす方法を生き生きとしたメッセージにしたかった」と振り返った。
 花岡副部長は「事故を落語にするのは不謹慎ではないか」という指摘もあったことを紹介。福点さんは「シビアなことを楽しくすることで、逆に一緒になんとかしていきたいと思ってもらいたかった。それに、近藤君はユーモアがあり、私の落語を応援してくれていたので、落語でさせてもらう方が近藤君に伝わるんじゃないかなと思ったんです」と話した。
 福点さんは河内国分駅の事故現場を訪れ、点字ブロックが摩耗して薄くなり、十分に役目を果たしていない状態だったことに気づいた。「彼は歩いてまだ前まで行けると思い、気がついた時には滑っていたのではないか」。視覚障害者の立場から分かる事故の背景を語り、再発防止を呼び掛けた。
 会場には近藤さんの母親(67)が伯母(70)と一緒に訪れ、「シャイな息子でしたが、地元での落語上演をどこかで見ていて、福点さんに『ありがとう』と言っているかもしれません」と話した。

◇落語「落ちない噺」
 「落ちない噺」は電車の音を聞いたり、車両を触ったりするのが好きな視覚障害者の男性が主人公。よく訪れている駅ホームを舞台の中心にして、男性を見守る駅長や線路に落ちてしまった酔っ払いの男性、自殺志願の女性らとのやり取りを軸に話が進んでいく。
 白杖(はくじょう)を使って駅に向かう途中の描写では、スマートフォンを見ながら歩く女性とぶつかるエピソードもあり、段々と近付く足音とともに不安が募るという視覚障害者の感覚が表現されている。
 随所に、福点さんの取材の成果が織り込まれており、各地の駅長が集まって安全策を披露する場面では、ある駅長が駅ホームでの転落事故の大半は酔っ払い客で占められていることを紹介。「視覚障害者だけの問題ではなく、全ての人にとっての問題である」と指摘した上で、酔っ払いの行動パターンが▽ベンチから突然立ち上がり、線路に向かって進んで落ちる▽線路際に座り込んでいて、突然落ちる▽ホームを斜めに歩いて落ちる−−の3種類に集約できるというJR西日本安全研究所の研究結果が示される。
 会場からは感嘆の声も……。そこで、すかさず「赤ちょうちんで酔っ払いをホーム中央に集め、事故を防ぐ」。奇抜な安全策が登場し、笑いを誘った。

■人物略歴 桂福点(かつら・ふくてん)
 本名・桝川明。1968年、兵庫県川西市生まれ。緑内障で高校生の時に失明した。桂福団治さんに弟子入り後、漫談家として活動を始め、2009年に落語家としてデビュー。大阪市東淀川区在住。

【写真】落語「落ちない噺」を披露する桂福点さん=兵庫県宝塚市のアピア1で2017年11月26日、大西岳彦撮影

◇補助犬法、もっと理解を
 アピアホールで開催された補助犬トークでは、「日本介助犬使用者の会」会長の木村佳友さん(57)と介助犬デイジー(5歳)=宝塚市▽視覚障害があり、盲導犬エレナ(11歳)と暮らす「障害者情報クラブ介護支援センターとことこ」理事長の中山君江さん(67)=同▽障害者の学習支援NPO「MAMIE(マミー)」理事長で聴導犬レオン(10歳)と生活する安藤美紀さん(48)=東大阪市▽日本補助犬情報センター(横浜市)の橋爪智子・事務局長(44)−−が障害者や補助犬を取り巻く現状を意見交換した。(司会は脇田顕辞・毎日新聞大阪本社社会部副部長)

◆公共交通機関を利用する際に困ることは。
木村さん 車椅子で生活しているが、ホームに階段がある鉄道の駅では、階段脇の幅が狭いので介助犬と一緒だと落ちそうで、駅員に付き添ってもらう。盲導犬使用者がホームから落ちる事故があったが、車椅子利用者も転落する危険性がある。

中山さん 駅に着いても自動でドアが開かず、乗客がボタンを押してドアを開閉するタイプの電車があるが、視覚障害者はボタンの位置が分からない。開閉時に冷気や暖気でドアの位置を確かめるので、開かないとドアの位置も分からない。ドアが閉まったままだと、ホームの縁に行って手を伸ばしてドアを触るしかないが、車両がそこになければ転落する可能性もある。ドアを閉め切らないようにするのは無理だろうか。

安藤さん 聞こえない私は、開いている電車のドアに入ることが怖い。「閉まります」のアナウンスが分からず、ドアに挟まれたことがあるから。電車が来てドアが開いたらすぐ入ることにしている。

橋爪さん 障害によっていろいろな困難がある。障害がない人でもベビーカーを押していて怖いと思うこともある。ホームドアはすべての人に便利だが、地方の無人駅に作ることは期待できない。どのようにサポートするか、それぞれの立場で考える必要がある。

◆いつ、どのように声をかければよいか。
中山さん 視覚障害者が困った顔をしていたら、「私があなたに声をかけていますよ」と分かるように言ってもらえるとありがたい。「隣の人に声をかけているのかも」と返事ができないので、肩や腕をたたいてもらうといい。どこ行きのバスが来た、と知らせてくれるのもありがたいサポート。

安藤さん アナウンス内容をメモにして渡してくれたらありがたい。電車が止まった時などトラブルの際に「あと何分で動く」とか。聴導犬と一緒にいることで聞こえないことが伝わり、メモをくれる人は増えている。ただ、電車の優先スペースにはベビーカーや車椅子のマークはあるけれど、補助犬のマークはない。補助犬が踏まれないスペースが必要で、付けてほしい。

木村さん 約30年前にアメリカを旅行し、妻が所用で離れて私が一人でたたずんでいると、「お手伝いしましょうか」と次から次へと声をかけられた。同じように声をかけない日本人は、冷たいのではなく、シャイなのだと思う。それでも、困っていそうだと感じたら声をかけてほしい。僕は腕が弱いので段差やスロープを上がれないことがある。「お手伝いしましょうか」と声をかけた上で、押してくれるとありがたい。

◆社会に訴えたいことは。
安藤さん スマートフォンを見ながら歩く人が増えている。気付いたら、聴導犬にぶつからないよう、避けるようにしている。歩きスマホが一番怖いのでやめてほしい。

木村さん 身体障害者補助犬法を知らない人が増えている。法への理解が進み、補助犬の同伴拒否が起きないような社会になってほしい。

◆国レベルのバリアフリー社会に向けた動きは。
 橋爪さん 木村さんは段差が3センチあると大変だけれど、中山さんには2センチの段差が、道の始まりや端を知るすべになる。(障害の有無や年齢、性別、人種などに関わらず誰もが利用しやすい)ユニバーサルデザインは難しく、どこに合わせるべきかの議論が進んでいる。政府は「ユニバーサルデザイン2020行動計画」をまとめ、さまざまな企業が実現を図り、障害の理解につながるかの検証が始まっている。いろいろなサポートが必要な人がいる。社会の理解につながる方向に、盛り上がっていけばいい。

【写真】「補助犬トーク」に参加したパネリスト=兵庫県宝塚市のアピア1で2017年11月26日、大西岳彦撮影

==============

◆主催者あいさつ ○田坪直・実行委員長
 障害者差別に関する法律や条例に「合理的配慮」という難しい言葉が出てきますが、私は、障害者が地域の一員として生きていけるような優しい配慮を積み重ねること、というふうに理解しています。優しい社会をつくるために何が必要で、何ができるのかを考えてくださればうれしく思います。

○中川智子・宝塚市長
 障害者差別解消法の関連条例や手話言語条例を制定しました。すべての人が共に暮らしていける社会を実現するうえで、大事なのは想像力。皆が助け合って生きていける「まち」づくりに取り組んでいきます。補助犬の存在は多くの人に笑顔や温かな雰囲気をもたらします。この会がそんな社会へとつながるよう願っています。

○山田泰正・毎日新聞社会部阪神支局長
 今年で19回目を迎えましたが、「同伴拒否」はなくならず、補助犬の普及も進んでおらず、「ゴールはまだまだ」という印象です。現状を変えるのは補助犬の能力や特性を知ってもらうことに尽きます。バリアフリーを考える材料を持ち帰っていただけたらと思います。

==============

◆大会宣言
 盲導犬に連れられてもう31年になります。障害があろうとなかろうと、誰しも「心の段差」はあるものと思いますが、私の場合、補助犬(盲導犬)のおかげで、段差が段差でなくなってきたように思います。
 初代の盲導犬が外出を教えてくれました。2代目が仕事をすることを教えてくれました。そして私の目の代わりを3代目のエレナたちがしてくれています。ガイドヘルパーさんとも歩いています。手には白杖(はくじょう)を持っています。「ありがとう」と言って心の段差をなくしていこうと思います。エレナ、ありがとうね。そして補助犬たち、ありがとう。車椅子も、仲間を表に連れ出してくれてありがとう。補聴器や手話通訳者さんたち、仲間に音を教えてくれてありがとう。ありがとうの輪をいっぱい作って段差をなくしていきたいと思います。<盲導犬使用者・中山君江>

==============

■ことば
身体障害者補助犬法
 身体障害者の社会参加促進を目的に、公共施設や交通機関、飲食店、商業施設など、不特定多数の人が利用する施設に補助犬の受け入れを義務づけた。超党派の議員立法で2002年5月に成立、同年10月から順次施行された。07年の改正で、都道府県などに苦情や相談の窓口が設けられ、一定規模以上の民間企業は身体障害者が希望した場合、補助犬の同伴勤務を拒否できなくなった。昨年4月施行の障害者差別解消法でも、各省庁のガイドラインで同伴拒否などを差別的取り扱いとして対応を求めている。