介助犬について



 介助犬とは、必要なものをくわえてくる、落ちたものを拾う、買い物の手伝いをする(棚から商品を取る)、など、身体に障害のある人を助けるように特別な訓練を受けた犬のことです。我が国では、まだ70頭あまりです。
 盲導犬が目の不自由な方の目となって、障害物や曲がり角の存在を知らせるように、介助犬は身体の不自由な方の手足となって、日常生活の手助けをします。
 アメリカでは、すでに40年近い歴史があり、現在数十の団体があり、3000頭近い介助犬が活躍しているといいます。
 日本では、1992年に育成が始まり、身体障害者補助犬法の成立により、社会福祉法人となった育成団体が数カ所ありますが、ほとんどはNPO法人などのボランティア団体であり、トレーナーの数も充分とはいえません。育成費が実費だけでも1頭30〜50万円、人件費・諸経費を含めれば300万円以上を要し、またトレーニングにも相当の時間がかかります。
 現在、行政による介助犬の育成助成制度も設けられましたが、各都道府県によるメニュー事業のため、育成助成制度の無い都道府県もあるなど、育成経費の多くは、賛助会費・寄付金・バザーの売上等などのからの収入でまかなわれています。従って、介助犬の育成頭数に限りがあり知名度も低いのが現状です。

 

** 介助犬の認定状況(※厚生労働省調べ、2017年02月01日現在) **

 身体障害者補助犬法に基づいて認定され実働している介助犬は74頭です。


1.都道府県別分布(認定時の住所地)

北海道 3北海道3
東北 5岩手4、秋田1
関東 25神奈川10、東京8、埼玉3、栃木3、千葉1
甲信越 2長野2
北陸 3福井2、石川1
東海 10愛知5、静岡4、岐阜1
近畿 21大阪8、京都5、兵庫4、滋賀3、奈良1
中国 0 
四国 2徳島1、愛媛1
九州 3福岡1、宮崎1、沖縄1



2.過去10年間(2006年度〜2015年度)の年度別認定頭数
  ※補助犬法施行以降の延認定頭数:131頭
2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
11 7 10 10 8 10 13 13 9 6