昨年8月から今年3月まで行われた「身体障害者補助犬の普及・啓発のあり方に関する調査研究※」の検討委員会には、僕も委員としてデイジーと一緒に出席しました。
 新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、最終会議が中止になり書面による意見集約になったり、厚生労働省の確認作業などにも時間がかかったようで、少し時間がかかりましたが、ようやく調査研究の成果が公表されました。
 
 「身体障害者補助犬使用者の効果的な普及・啓発活動のあり方ガイドブック」は、自治体の障がい者支援の担当者の方が、補助犬の普及啓発に取り組む際の手引きとして作成されていますが、企業や団体、一般の方々に、知って頂きたい補助犬に関する情報が盛り込まれています。
 是非、ガイドブックをご覧になって、「補助犬の普及啓発」や「補助犬の受け入れ促進」、「同伴拒否の根絶」にご協力いただけると嬉しいです。
 よろしくお願いします。

◆社会システム株式会社のウェブサイト
 身体障害者補助犬の普及・啓発のあり方に関する調査研究
 
※身体障害者補助犬の普及・啓発のあり方に関する調査研究について
 厚生労働省が、令和元年度障害者総合福祉推進事業・指定課題7「身体障害者補助犬の普及・啓発のあり方に関する調査研究」を公募し、社会システム株式会社がこれに応募し採択されました。