★★ 2020年02月06日 毎日新聞・朝刊・兵庫版 ★★

ピッコロ劇団25年 犬と共に生きる群像劇、シンシアを鍵に 28日から西宮 /兵庫

 県立ピッコロ劇団の設立25周年記念公演「夢をみせてよ」が28日から3月1日まで、西宮市高松町の県立芸術文化センター阪急中ホールで開かれる。宝塚市を舞台にした、犬と人をめぐる物語。日本介助犬使用者の会会長、木村佳友さんの初代介助犬、シンシアが重要な存在として“登場”する。
 本作は、劇作家の岡部尚子さんが書き下ろし、人気劇団「南河内万歳一座」の内藤裕敬さんが演出を担当する。シンシアは、身体障害者補助犬法の成立(2002年)に貢献するなど補助犬の象徴的な存在で、06年に死んだ。15年にはJR宝塚駅改札前コンコースに銅像が建てられた。
 岡部さんは、ピッコロ劇団から「シンシアをはじめ、犬と人が共に生きる話」というお題を投げかけられた。もっとも、ひねりをきかせた芝居を手がけてきた劇作家は「単なる『シンシア物語』にはしたくなかった」と言いつつ「見終わった時にシンシアをもっと知りたいと思ってもらえたら」と話す。
 完成したのは群像劇。とある劇団員が、親しい「ばあちゃん」が余命わずかと知り、「ばあちゃん」が会いたがっている「しんちゃん」を探し出すことに。劇団員や周辺にいた人を巻き込み、大捜索が始まるのだが――。ピッコロ劇団員をはじめ関西の劇団俳優のほか、小川菜摘さんが、犬の気持ちが分かる役柄で客演する。勘違いやすれ違いから生じる笑いを交えた岡部さんの脚本と、内藤さんのダイナミックな演出がどんな化学変化を起こすのかが見どころ。さらに、銅像のシンシアがステージに配置され、「シンシアがお客さんと一緒にこの物語を見ている形になる」(内藤さん)という舞台美術にも注目だ。
 計5回公演。一般4500円、大学生・専門学校生3000円、高校生以下2500円。補助犬同伴の人や視覚・聴覚に障害のある人らへの鑑賞サポートもある。チケット取り扱い・問い合わせはピッコロ劇団(06・6426・1940)。【岸桂子】

【写真】県立ピッコロ劇団設立25周年記念の公演「夢を見せてよ」に出演する小川菜摘さん(前列左から2人目)や劇作家の岡部尚子さん(後列右)、演出の内藤裕敬さん(同左)ら=岸桂子撮影