介助犬について

  • HOME »
  • 介助犬について

介助犬について
 介助犬とは、必要なものをくわえてくる、落ちたものを拾う、買い物の手伝いをする(棚から商品を取る)、など、身体に障害のある人を助けるように特別な訓練を受けた犬のことです。我が国では、まだ60頭あまりです。
 盲導犬が目の不自由な方の目となって、障害物や曲がり角の存在を知らせるように、介助犬は身体の不自由な方の手足となって、日常生活の手助けをします。
 アメリカでは、すでに40年近い歴史があり、現在数十の団体があり、3000頭近い介助犬が活躍しているといいます。
 日本では、1992年に育成が始まり、身体障害者補助犬法の成立により、社会福祉法人となった育成団体が数カ所ありますが、ほとんどはNPO法人などのボランティア団体であり、運営基盤やトレーナーの数も充分とはいえません。育成費が実費だけでも1頭30~50万円、人件費・諸経費を含めれば300~500万円を要し、またトレーニングにも1年~1年半の時間がかかります。
 現在、行政による介助犬の育成助成制度も設けられていますが、各都道府県によるメニュー事業のため、育成助成制度の無い都道府県もあるなど、育成経費の多くは、賛助会費・寄付金・バザーの売上等などのからの収入でまかなわれています。従って、介助犬の育成頭数に限りがあり知名度も低いのが現状です。

** 介助犬の認定状況 **
 現在、全国で62頭の介助犬が実働しています(2020年4月1日現在 厚生労働省調べ)。
 約70年の歴史のある盲導犬と比べ、介助犬は約25年と歴史が浅く、認知度も低く頭数も少ない状況です。訓練事業者の規模も盲導犬に較べて非常に脆弱な団体が多く、2020年4月1日現在の実働頭数は、盲導犬の909頭に対して62頭と非常に少ない状況です。
 介助犬が実働している都道府県は、下表のように26都道府県のみで、街で介助犬を見かける機会も少ないです。

 年間の認定頭数も盲導犬の100数十頭に対して10頭前後しかなく、実働頭数があまり増えていません。


1.都道府県別分布(2020年4月1日現在 厚生労働省調べ)

北海道 2

北海道2

東北 6

岩手4、秋田1、宮城1

関東 21

神奈川8、東京7、埼玉3、栃木2、千葉1、群馬1

甲信越 3

長野3

北陸 0

東海 8

愛知4、静岡2、三重1、岐阜1

近畿 14

大阪7、京都3、兵庫2、滋賀1、奈良1

中国 2

岡山2

四国 4

徳島2、愛媛1、高知1

九州 2

大分1、沖縄1




3.介助犬の都道府県別・年度末実働頭数(2003年度~2019年度)




4.補助犬法施行以降(2003年度~2019年度)の訓練事業者別・年度別頭数
 全国の延べ認定頭数:163頭

 第二種社会福祉事業の届出をしている介助犬訓練事業者は26団体(2019年01月01日現在)ありますが、認定のみを行う指定法人4団体と2県に届出をしている2団体を考慮すると、実際の訓練事業者数は20団体です。しかし、過去10年間に認定介助犬を輩出できている団体は10団体しかなく、ここ5年間に認定介助犬を5頭(年平均1頭)以上輩出できている団体は3団体(網掛け)しかありません。


※その他は、解散や届出取消になった団体などで、2005年以降の認定犬は0頭です。

PAGETOP
Copyright © 介助犬「シンシア日記」 by WordPress All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.