★★ 2020年03月25日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

なくそう心の段差:身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法18年 シンシア基金に20万円寄贈 宝塚市ゴルフ場協議会 /兵庫

 宝塚市ゴルフ場協議会(大坪一成会長)は24日、チャリティーゴルフ大会などの参加者から集めた20万円を毎日新聞大阪社会事業団の「シンシア基金」に贈った。寄付は2011年以降、10回目。身体障害者補助犬の育成などに役立てられる。
 大会はこの日、宝塚クラシックゴルフ倶楽部で開催され、終了後に贈呈式が実施される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止に。宝塚市役所に場所を移し、中川智子市長と日本介助犬使用者の会会長の木村佳友さん(59)=同市=が同席する中、大坪会長が事業団の和田堅吾常務理事に寄付金を手渡した。
 大坪会長は「ゴルフ場として社会貢献できる機会はとても大事。今年も寄付ができてよかった」と語った。木村さんは「長年にわたって継続して寄付いただきありがたく思う」と話した。【川畑さおり】

【写真】大坪一成・宝塚市ゴルフ場協議会長(左)から寄付金を受け取る和田堅吾・毎日新聞大阪社会事業団常務理事(左から2人目)に寄付金が手渡された=宝塚市役所で、川畑さおり撮影