★★ 2023年10月1日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

介助犬の訓練、体験しよう 親子6組募集 11月26日、宝塚でシンポ /兵庫

昨年の補助犬シンポでの介助犬トレーニング体験

 「第25回身体障害者補助犬シンポジウム」を11月26日午後2~4時、宝塚市立中央図書館(同市清荒神1)で開催します。身体障害者の生活を支える補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)について考える催しで、紙芝居「グッドガール シンシア」や、大阪芸術大学短期大学部(伊丹市)の学生による介助犬についての動画上映、親子介助犬訓練体験などがあります。
 今回は、介助犬のトレーニングを体験してもらう親子6組を募集します。対象は児童生徒(小学4年生~中学3年生)1人とその保護者1人です。当日は兵庫介助犬協会(西宮市)のPR犬と親子で訓練をし、落とした物を拾い上げるなどの介助動作の体験をします。体験は26日午後12時半から始まり、シンポ会場で訓練成果発表があります。
 申し込みは「補助犬シンポ参加希望」の件名で、住所、氏名(親子とも)、電話番号、学年を書いて、メール(hanshin@mainichi.co.jp)か、はがき(〒660―0892 尼崎市東難波町5の16の29 毎日新聞阪神支局)で。締め切りは31日(応募多数は抽選)。

<問い合わせ>毎日新聞阪神支局(06・6482・1221)

<主催>宝塚市、宝塚市教育委員会、毎日新聞阪神支局