★★ 2019年03月10日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

介助犬シンシア 「天国から応援していて」 木村さん夫妻が追悼 /兵庫

 日本介助犬使用者の会会長の木村佳友さん(58)、美智子さん(56)夫妻=宝塚市=は9日、初代介助犬「シンシア」の14回目の命日(14日)を前に、宝塚動物霊園(市御殿山4)やJR宝塚駅改札前コンコースにあるシンシアの銅像を訪れ、追悼した。
 シンシアはラブラドルレトリバーの雌で、1993年12月生まれ。94年に飼い犬として木村さん宅に来た。訓練を経た96年、日本で3頭目の介助犬に認定された。介助犬への理解を広げ、施設や交通機関などでの同伴拒否をなくそうと木村さんと共に活動。盲導犬や聴導犬、その使用者らも巻き込みながら、2002年の身体障害者補助犬法成立に尽力した。
 05年に介助犬を引退して再び木村さん宅のペットとなり、06年3月14日に12歳で息を引き取った。その約2カ月後、宝塚動物霊園の善意で補助犬慰霊碑が建立され、市は15年の命日にあわせて銅像を除幕した。
 この日、木村さん夫妻は、2代目の介助犬で引退した「エルモ」、現在の介助犬「デイジー」と一緒にシンシアの眠る補助犬慰霊碑におやつなどを供え、静かに手を合わせた。その後、銅像を訪れて清掃し、「兵庫介助犬協会」(西宮市)のメンバーと募金を呼びかけた。
 木村さんは「補助犬の普及はまだまだですが、シンシアは天国から応援してくれているはずです」と話した。【高尾具成】

【写真】介助犬シンシアの命日を前に、補助犬慰霊碑に手を合わせる木村佳友さん(奥)、美智子さん夫妻=兵庫県宝塚市御殿山の宝塚動物霊園で、高尾具成撮影