★★ 2020年02月13日 毎日新聞・大阪本紙・夕刊 ★★

ピッコロ劇団「夢をみせてよ」 介助犬シンシアが見つめる物語 兵庫・芸文センターで28日~3月1日

 介助犬シンシアが活躍した兵庫県宝塚市を舞台に、人と犬のかかわりを温かく描き出す兵庫県立ピッコロ劇団の「夢をみせてよ」が、28日~3月1日、県立芸術文化センター阪急中ホール(西宮市)で上演される。関西の演劇人の力を結集させて送る「ピッコロシアタープロデュース」の最新作。
 シンシアは国内3頭目の介助犬に認定された雌のラブラドルレトリバー。車椅子生活を送る宝塚市の木村佳友さんの動作を助け、2002年の身体障害者補助犬法成立に貢献した。06年に死んだが、15年にJR宝塚駅構内に銅像が設置された。舞台は、この銅像が物語をじっと見つめているという設定で展開する。作は劇団「空晴(からっぱれ)」代表の岡部尚子、演出は「南河内万歳一座」座長の内藤裕敬。
 ある劇団の座付き作家がいなくなり、座長がやむなく中途半端なペットの物語を書いたために劇団内はすったもんだ。そんな中、劇団員まゆは、仲良しの「ばあちゃん」が余命わずかだと知り、「ばあちゃん」が会いたがる「しんちゃん」を捜す――。コメディーを得意とする岡部の作品らしく、取り違えや勘違いを鍵に、人と犬との多様な関係が軽妙に描かれる。
 劇団員のまゆに金田萌果、石川に原竹志(いずれもピッコロ劇団)。ほかに小池裕之(空晴)、原田樹里(演劇集団キャラメルボックス)、福重友(南河内万歳一座)、一木美貴子(プロジェクトKAI)ら。また犬の気持ちがわかり、人と犬の橋渡しとなる女性クララを客演の小川菜摘が演じる。内藤は「ピッコロ劇団の若手を中心にベテランを配し、びしっと決めたい」と話す。
 総勢21人が出演。5回公演。4500円、大学・専門学校生3000円、高校生以下2500円。ピッコロ劇団(06・6426・1940)。【畑律江】

【写真】「夢をみせてよ」の出演者ら。(手前左から)一木美貴子、小川菜摘、原竹志、金田萌果。(奥左から)内藤裕敬、岡部尚子=畑律江撮影