★★ 2020年06月23日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

なくそう心の段差:身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法18年 木村さんとシンシアの歩みたどる 宝塚「ウィル」 /兵庫

◇宝塚の不動産会社「ウィル」 HP新装、写真や現状など解説
 介助犬の育成支援に取り組む宝塚市の不動産会社「ウィル」が、介助犬と募金活動について紹介する自社サイトのページをリニューアルした。例年、入社式に日本介助犬使用者の会会長、木村佳友さん(60)を招待して活動の意義を伝えていたが、今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で実施できなかったため、新人研修と啓発活動を兼ねて内容を充実させた。
 2003年に創業者の岡本俊人(しゅんじ)さんが、木村さんと当時のパートナー、介助犬シンシアのドラマを見たことが支援を始めたきっかけだった。手作りの募金箱を設置して育成資金を集め、10年からは不動産の仲介契約や自社開発物件の引き渡しごとに一定額を寄付する「契約募金」を始めた。
 リニューアルした「CSR活動」のページでは、募金活動の紹介に加えて、働く介助犬の写真や全国の実働数が62頭(20年4月1日時点)にとどまっている現状なども解説。県立ピッコロ劇団(尼崎市)の団員、風太郎さんが作った紙芝居「グッドガール シンシア」のユーチューブ動画へのリンクも張り、木村さんとシンシアの歩みが、公共施設や飲食店などへの介助犬を含む補助犬の同伴を認めた02年の「身体障害者補助犬法」成立に繋がった経緯をたどることができる。
 同社は今年もNPO法人「兵庫介助犬協会」(西宮市)に100万円、木村さんとシンシアを題材にしたピッコロ劇団の舞台公演「夢をみせてよ」に10万円、毎日新聞大阪社会事業団シンシア基金に48万9000円を贈呈。10年からの契約募金の累積寄付額は計1276万円になった。同社広報の岡田洋子さんは「社員全員が活動をよく理解して取り組むことが重要なので、分かりやすく作り直した。一般の人にも見ていただけたら」と期待している。【稲田佳代】

【写真】宝塚市在住の介助犬利用者、木村佳友さんと木村さんの初代介助犬シンシアのパネルや募金箱が、目に留まりやすいよう置かれた不動産会社「ウィル」の廊下=兵庫県宝塚市逆瀬川1の株式会社ウィルで、稲田佳代撮影