★★ 2023年11月17日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

介なくそう心の段差:身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法21年 「同伴拒否は人権侵害」 関学大で木村さん講演 /兵庫

木村佳友さん(手前)と暮らし、必要な物を取ったり拾ったりして手助けする介助犬エクラ=西宮市上ケ原一番町で、稲田佳代撮影

 日本介助犬使用者の会会長の木村佳友さん=宝塚市=が16日、身体障害者の社会参加を助ける補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の役割について、西宮市の関西学院大で講演した。
 木村さんは妻の美智子さんと4代目の介助犬エクラとともに登壇。介助犬との日常を紹介しながら「一日中仕事しているのではなく、指示するのは1日10回程度」「犬が喜んで仕事できるよう遊びながら褒めて訓練する」などと説明した。
 また、身体障害者補助犬法を啓発する「ほじょ犬マーク」に関して、「このステッカーの貼られた施設にしか入れないと誤解している人が多いが、店舗や交通機関などでの補助犬の受け入れは法で定められた義務。同伴拒否は人権侵害です」と訴えた。受講した学生は「間違えて認識していた。気を付けたい」と話していた。【稲田佳代】