★★ 2023年11月20日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

支局長からの手紙:26日に補助犬シンポ /兵庫

介助犬の動画を撮影するメディアコースの学生ら=伊丹市の大阪芸術大学短期大学部で、稲垣淳撮

 「カメラに振動を与えないように被写体をフォローして下さい」「みんなが違うアングルで撮って」
 大阪芸術大学短期大学部(大阪芸短、伊丹市)で、立岩陽一郎教授の指導のもと、メディア・芸術学科の学生が介助犬の訓練を紹介する動画の撮影をしていました。学生は芝生が広がるキャンパスで、認定NPO法人「兵庫介助犬協会」(西宮市)の介助犬とPR犬が地面に落ちた携帯電話を拾ったり、靴を脱がせたりする介助動作を真剣な表情で撮影していました。
 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)は補助犬法が施行して20年以上経過しても「その役割を誰もが当たり前に知っている」とは言いがたい状況が続いています。26日に宝塚市の市立中央図書館で「第25回身体障害者補助犬シンポジウム」(宝塚市、同市教委、毎日新聞阪神支局主催)を開きます。開催時間は午後2時から4時で、子どもたちによる紙芝居「グッドガール シンシア」と「親子介助犬訓練体験」のほか、大阪芸短の学生が撮影した介助犬の役割を紹介する動画「私たち僕たち介助犬みならい!!」の上映などがあります。

動画に合わせてセリフの練習をする声優コースの学生ら=伊丹市の大阪芸術大学短期大学部で、稲垣淳撮影

 大阪芸短は宝塚市の市境にあり、メディア・芸術学科(松尾理也・学科長)には、メディア▽舞台芸術▽ポピュラー音楽▽声優▽ポピュラーダンス――の各コースがあります。「より幅広い世代に補助犬について知ってもらいたい」と松尾学科長に依頼し、動画撮影などに協力してもらいました。動画撮影をしたのは、ジャーナリストやテレビ制作スタッフなどを目指すメディアコースの学生。シンポ会場では、声優やナレーターを目指す声優コースの学生が登壇し、この動画に合わせて介助犬のセリフを話します。
 「一生懸命撮っていたら時間はあっという間でした」。撮影をした2年生4人の1人、川村菜々花さん(20)はこう振り返ります。撮影は10月3日の昼から夕方まで。どんな映像を誰が撮るか、絵コンテやセリフも考えて撮影に臨みました。事前に兵庫介助犬協会の介助犬デモンストレーションを見たり、補助犬の説明を受けたりしたそうです。撮影した動画は編集をして、介助犬を目指す3頭が登場し、その役割を説明する約10分間の動画にまとめました。編集作業に6~7時間かけた日もあったそうです。
 この動画は永田早紀・特任講師の指導で、声優コースの学生3人が10月26日に台本を受け取って練習を続けています。11月8日は約1時間半の練習があり、見学させてもらいました。学生は動画を繰り返し見ながら、セリフの抑揚やタイミングを調整していました。2年の吉田碧さん(20)は「楽しく学生らしく演じたい」と意気込みます。
 補助犬の理解に向け、協力してくれた大阪芸短の皆さんには感謝しかありません。シンポ会場で読者の皆さんにも、その成果を見ていただきたいと思っています。補助犬シンポの会場は阪急清荒神駅すぐです。ぜひお越し下さい。【阪神支局長・稲垣淳】