★★ 2023年11月27日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

なくそう心の段差:身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法21年 補助犬シンポ 多彩な仕事ぶり知ろう 宝塚 /兵庫

◇紙芝居や映像で紹介

大阪芸大短期大学部メディアコースの学生たちが作った介助犬の訓練を紹介する動画に、その場でアテレコする声優コースの学生たち=宝塚市清荒神1で、稲田佳代撮影

 身体障害者の生活を支える補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の役割を学ぶ「第25回身体障害者補助犬シンポジウム」(宝塚市、同市教委、毎日新聞阪神支局主催)が26日、宝塚市立中央図書館で開かれた。紙芝居や映像作品などを通じ、参加者と共に補助犬の仕事や訓練への理解を深めた。
 2年前のシンポにも参加した甲南女子中学2年のチャステイン・初雪ジェイドさん(14)ら市内の小中学生3人が、紙芝居「グッドガール シンシア」を上演。車椅子生活を送る木村佳友さんが、初代介助犬シンシアと共に身体障害者補助犬法の制定に向けて奮闘した経緯を描いた物語で、以前より磨かれた表現力で読み聞かせた。
大阪芸大短期大学部メディアコースの学生たちが作った介助犬の訓練を紹介する動画に、その場でアテレコする声優コースの学生たち=宝塚市清荒神1で、稲田佳代撮影[/caption] 大阪芸大短期大学部メディアコース2年の川村菜々花さん(20)らは4人で製作した動画を上映。ボール拾いなど遊びを通じた介助犬訓練を子どもにも分かる言葉遣いで紹介した。声優コースの吉田碧さん(20)ら3人は映像に引き込ませる生アテレコを披露した。

◇親子で訓練体験

訓練体験で、介助犬と目を合わせてから動作の指示を出そうとする小学生の男児=宝塚市清荒神1で、稲田佳代撮影

 介助犬の訓練体験には6組の親子が参加。冷蔵庫の飲み物を取って来てもらう訓練に挑戦した市立売布(めふ)小4年の高原郁実さん(10)は「覚える言葉が多くて難しかった。今日知ったことを友達に教えたい」と話した。
 介助犬に関する質問に応じた使用者の木村さんは「体の不自由な人に役立つパートナー。障害のある人の自立と社会参加のために、皆さんの協力や理解をお願いします」と訴えた。【稲田佳代】