★★ 2023年12月2日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

なくそう心の段差:身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法21年 エクラお仕事披露 使用者の木村さん、宝塚高で講演 /兵庫

木村佳友さんに届けるため、新聞をくわえる介助犬エクラ=兵庫県立宝塚高校で2023年12月1日午後3時7分、稲垣淳撮影

 宝塚市の県立宝塚高校で1日、市内に住む介助犬使用者の木村佳友さんが高校2年生約230人に「介助犬を知っていますか? ~みんなに何ができるか考えよう~」と題して講演した。
 木村さんは、身体障害者の生活を支える補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の役割について動画などを使って説明。介助犬エクラが木村さんの指示で新聞を持ってくるなどの介助動作を披露すると、生徒は拍手をしたり、歓声を上げたりした。
 木村さんは「介助犬は遊びの延長でお仕事をしています。すごく楽しんでいることを知ってもらいたい」と説明。「同伴拒否は障害者を拒否していることになり人権侵害です。介助犬を快く受け入れてください」と話した。【稲垣淳】