★★ 2022年11月27日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

なくそう心の段差:身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法20年 子供たちに学ぶ機会を 補助犬シンポ 宝塚 /兵庫

◇木村さんら座談会
 目や耳、手足が不自由な障害者の生活を支える補助犬(盲導犬、聴導犬、介助犬)への理解を深める「第24回身体障害者補助犬シンポジウム」(宝塚市・市教委、毎日新聞阪神支局主催)が26日、宝塚市のフレミラ宝塚であった。聴衆を入れた開催は3年ぶり。身体障害者補助犬法の成立・施行から20年を迎え、補助犬普及の現状や障害者の自立・社会参加に向けた課題を話し合った。
 座談会では日本介助犬使用者の会会長の木村佳友さん、衆院議員時代に補助犬法制定に関わった前宝塚市長の中川智子さん、認定NPO法人・兵庫介助犬協会理事長の北澤光大(みつひろ)さんが登壇。中川さんは補助犬法制定について「木村さんの初代介助犬シンシアが体だけでなく心も一体となっていることに国会議員が感動したのがきっかけ」と話し、補助犬は障害者に欠かせない存在であることを指摘した。
 木村さんは補助犬の頭数が伸び悩む現状に触れ、背景に補助犬法の認知度が低くなっていることなどを挙げ「子供たちが補助犬を学ぶ機会を増やしてほしい」と訴えた。北澤さんは「介助犬を育成する仕事の魅力を若い世代にもっと伝える必要がある」と話し、SNS(ネット交流サービス)の活用も含め情報発信の強化を提言した。
 シンポでは、介助犬が障害者のためにどんな役割を果たしているかを知ってもらうためのデモンストレーションを実施。小中学生6人が犬のトレーニングを体験し、その成果も披露された。【土居和弘】(詳報は12月4日付紙面に掲載します)

【写真】身体障害者補助犬法制定から20年となり、シンポジウムでは補助犬普及の現状と課題が話し合われた=兵庫県宝塚市のフレミラ宝塚で2022年11月26日午後2時42分、土居和弘撮影