★★ 2023年10月20日 毎日新聞・朝刊・阪神版 ★★

介なくそう心の段差:身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法21年 木村さんとエクラ、高校で講演 宝塚 /兵庫

◇介助犬のこと、もっと知って

木村佳友さんの指示で、介助動作を生徒に見せる介助犬エクラ=兵庫県宝塚市で、稲垣淳撮影

 宝塚市の私立小林聖心女子学院高校で19日、市内の介助犬使用者の木村佳友さんらが介助犬エクラと共に、介助犬の役割などについて、1年生約90人に講演した。
 講演で木村さんは身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)法が成立するまでの流れを説明。「まだまだ介助犬のことを知らない人も多い」と身体障害者の日常生活を支える介助犬の役割などについて話した。
 また、木村さんは妻の美智子さんと共に、エクラのデモンストレーションで介助動作を伝えた。エクラは2月に、3代目のデイジーからバトンを引き継ぎ、今回が初めての実演。エクラが木村さんの指示で離れた場所に置かれた新聞などを持ってくると、生徒たちは歓声を上げていた。
 木村さんは「友達などに補助犬のことを話してください」と呼び掛けた。【稲垣淳】