エルモのプロフィール

 エルモは、シンシアの後継介助犬として、2005年に我が家へやってきました。
 当初、エルモは、盲導犬を目指して、日本盲導犬協会で訓練を受けていたのですが、盲導犬よりも介助犬に適性があるのではないかということで、日本介助犬協会に譲渡され、介助犬としての道を歩むことになりました。
 エルモは、日本介助犬協会で訓練を受け、僕の障害やニーズを考慮して、2005年4月にもう1頭の候補犬とともに、僕やシンシアとの相性などを評価しました。シンシアは、引退後も我が家の愛犬として暮らすことになっていたので、シンシアとの相性も重要です。
 そして、エルモが候補犬に選ばれ合同訓練を経て、2005年12月に身体障害者補助犬法(補助犬法)に基づく31頭目の正式な介助犬として認定されました。
 補助犬法により、施設は補助犬の同伴を拒めなくなったのですが、同法の認知度は低く、同伴拒否が後を絶たないため、エルモも僕と一緒に補助犬の普及啓発に活躍してくれました。
 シンシアには及びませんでしたが、エルモが同伴した講演会・イベントは224回にのぼり、補助犬啓発のためのDVDや内閣府のインターネットTVなどにも出演しました。
 さらに、シンシアと同じく、国会や厚生労働省、国土交通省などへの働きかけにも何度も同伴し、2007年の補助犬法改正にも大きく貢献してくれました。
シンシアは経験していませんが、エルモは総理大臣を2回も表敬訪問しています。

 ところで、シンシアは初めての所へ行くときは少し緊張していましたが、エルモはオスということもあり、初めての所でもどっしりとしていました。でも、エルモはおっとりとした性格で、勝気なシンシア姉さんに頭の上がらない気弱な弟という一面もありました。

 2014年4月末に、エルモは介助犬を引退し、現在は我が家の愛犬として暮らしています。
 引退後は、エルモと一緒に施設へ行くことができなくなりましたが、後継犬の育成が遅れていたこともあり、後継のデイジーが来るまでは、家での介助作業を続けてくれていました。
 2015年2月にデイジーが認定されたことから、介助作業もデイジーにバトンタッチし、隠居?生活を送っていましたが、2019年9月19日に16歳8ヶ月の生涯を閉じました。

(犬種)ラブラドールレトリーバー (性別)オス (毛色)ブラック
(生年月日)2003年1月9日 埼玉県生まれ
(介助犬歴)2005年12月1日~2014年4月30日(8年5ヶ月)
(没年月日)2019年9月19日(没年齢16歳)
(育成団体)社会福祉法人 日本介助犬協会

◆主なメディア
・テレビ:NHK・BSプレミアム「いのちドラマチック」
・DVD:補助犬ができること、あなたにできること(24時間テレビチャリティー委員会)
・DVD:補助犬ってなぁに?(24時間テレビチャリティー委員会)
・政府インターネットテレビ「徳光&木佐の知りたいニッポン!
・宝塚市インターネットテレビ「知ってよ!宝塚

◆主な受賞
・名古屋市獣医師会「功労動物表彰」など

エルモの年表へ

PAGETOP
Copyright © 介助犬「シンシア日記」 by WordPress All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.